“ニュージーランド子育て支援視察日記”<第2回>

【9月22日】



今日の視察はプレスクールとプランケットセンターですが、午前中の約束の時間に
少し間があったので、カンタベリー博物館の1階のマオリ文化の展示を見学しました。

マオリ族はモンゴロイドだそうですが、
ラグビーの“オールブラックス”でご存じのと

おり皆さん体格が素晴らしくよいのです。

街中でもマオリの人をみかけましたが体格ですぐにそうだとわかります。
同じモンゴロイドでも日本人とはずいぶん違いますね。






ニュージーランドでは、マオリの文化も大切にされており、

国の公用語が英語・マオリ語・手話の3つだそうです。マオリ語の保育所もあります。

“KIWI KIDS PRESCHOOL”

私立の保育園で、3か月〜5歳までの子どもを月曜日〜金曜日7:00〜17:30まで保育しています。

「テ・ファリキ」の理念で保育していますが、

ニュージーランド全土で実践されている「テ・ファリキ」について説明しておきましょう。

「テ・ファリキ」はマオリ語で経糸と横糸が織りなす「織物」の意味で、

4つの原則と5つの要素からなり、ニュージーランド全国共通の保育・教育カリキュラムで1996年から実施されています。

<原則>

1.ENPOWERMENT(エンパワメント)

2.HORISTIC DEVELOPMENT(全人的教育)

3.FAMILY AND COMMUNITY(家族と地域社会)

4.RELATIONSHIPS(関係性)

<要素>

1.WELLBEING(幸福・安全)

2.BELONGING(所属)

3.CONTRIBUTION(社会貢献)

4.COMMUNICATION(伝達)

5.EXPLORATION(探究心)

 “KIWI KIDS PRESCHOOL”でも、この「テ・ファリキ」に沿って保育と就学前教育がされています。

そして、この理念に沿っているので、政府から補助金が出るとのことです。

保育料は週に250ドル。

3歳以上には国から補助金が出るので(20時間分/週、高額所得者を除く)、

これを使えばフルに預けても週に50ドルほどです。

 *子どもには必ず声掛けをしてからケアをする。

 *子どもたちのバックグラウンドを大切にしている(ビロンギング・帰属意識)

 *子どもの興味を大切にしている。

 *いろいろな方法で(絵本・歌・ドラマ)コミュニケーションを大切にしている。

  子どもの家族とのコミュニケーションも大切にしている。





 *戸外でナチュラルな環境で遊ぶことが大切。

  家の中のおもちゃでも固定観念を持たずに探究心を育む。

  *マオリの文化を大切にしている。




3か月〜2歳までのナーサリー、2歳〜3歳までのプレスクール、

 3歳〜5歳までのプレスクールそれぞれに広々とした庭があり、
プレスクールの庭には本物の大工道具が置いてあり、もちろん子どもたちが使います。



基本は、子どもたちがそれぞれ好きなことをして遊んでおり、先生はそれを見守る。

全員でするプログラムとしては2つだけで、
「マットタイム」という絵本の読み聞かせや皆で歌ったり手遊びをする時間と、
食事やおやつ(モーニングティー・ランチ・アフタヌーンティー・ライトミール)の時間です。



安全面での配慮としては、国の基準では0歳〜2歳までの子どもに対して
先生は1人ですが、KIWIでは4人に1人。

2歳以上では子ども7人に対して先生は1人ですが、KIWIでは、5人に対して1人にしている。
トイレのトレーニングやミルクの世話を専門にする先生がいるそうです。

「ラーニングストーリー」という、
それぞれの子どもの記録(目標を作ってどう成長したか)を作ることが国から義務付けられているが、
現在はオンラインでも作っており、親と共有している。

親や家族も書き込め、離婚した親でも書き込むことができます。

 昼食は、中華料理。午後の約束に時間があったので、またスーパーマーケットに寄りました。

おもちゃ屋や文房具屋では、
ブレスレットを作るカラフルなビーズのセットがいろいろ売っていました。
100円ショップのようなものもありました。

 「SUSHI ROLL」の店もあり、おにぎりもありました。

“Canterbury Plunket Centre”

設立した婦人の名前から付けられ、地区ごとにあります。

お話をしてくれたのは、マナイさんで、
30年間プランケットクリニックのマネジャーをしていますが、
以前はプランケットナースだったそうです。



プランケットナースになるには、看護師の勉強+1年の勉強が必要。

その後国の認可を経てプランケットナースになるとのことです

子どもが健康に育つためのサポートをするのが役割です。








夕食は旅行会社に予約をお願いしてあった“COKKIN’ WITH GAS”へ。

自力で行くのかと思ったら、バスで送ってくれたし添乗員の方もついてくれました。

お酒を飲むグループ(チーム呑兵衛)と飲まないグループに分かれてテーブルに着く。

この日も満員という人気店で、なかなか料理が出ないな・・・

と思ったら、抜き打ち検査が入った!!とのことでした。

メニューは、ムール貝のクリームソース(この料理は、何かで金賞を取ったそうです)。

クリームソースがこってりかな・・と思ったら、意外に軽くいい味でした。

量も適度でおいしかった。あしらいの野菜はもしゃもしゃしていて海藻かな・・と思ったら、

ホウレンソウのような青菜だとか・・それを細切りにしてちょっとドライな感じに調理して、丸めて乗せてありました。



メインはヴェニソン(鹿肉)、苦手かなと思う人は、ラムとチキンか何かのグリル盛り合わせ。

ヴェニソンは、周りはほとんど焼き目がついていないけれどほぼ中まで火が通っていて、

噛みごたえのある赤身の良いお味。付け合せはポテトと生野菜。

ここまでで、お腹は9分目くらい。

デザートはシュー皮の間にアイスクリームと生クリームに

キウィとバナナが入っていてボリュームがある。

皆で「食べられるかな?」と言いつつ完食。

生クリームが質の良いもので(さすがニュージーランド)、

軽い食感だったし、美味しかったので食べられ満足でした。




☆ニュージーランド情報あれこれ

・国会は120議席。1党制で国民党。

 ・輸出は乳製品が主で、粉ミルクは主に中国へ輸出されている。

 ・オークランドは人口150万人で、半分は外国人。

 ・高校生は車通学OK。小学生はスケートボードやキックボードで通学している。

 ・4学期制。視察に行ったときは、ちょうど秋休み中でした。