“ニュージーランド子育て支援視察日記”<第1回>



2014年9月20日〜25日まで、三重県子どもNPOサポートセンター主催の
“ニュージーランド子育て支援視察ツアー”に行ってきました。
メンバーは19人。

ニュージーランドでは、就学前教育の理念が国で統一されており、
それは一人一人の子どもを大切する素晴らしいものでした。

また、プレイセンターやプレイグループなど、
親が子どもを遊ばせながら親自身も学び、
地域とも連携しながら仲間で子育てしている様子はうらやましいかぎりでした。



【9月21日】

中部国際空港から成田へ。
18:30発のニュージーランド航空でオークランドまで10時間余り。
時差は3時間なので、21日の朝8:15到着予定です。

機内食1回目は夕食、ワインを頂きましたがおいしかったです。
ニュージーランドにはワイナリーがたくさんあるそうです。

足が延ばせず寝にくい夜を過ごし、ほぼ予定通りにオークランドに到着。
ここで、乗り換えてクライストチャーチを目指します。

クライストチャーチが近づいてきて、
空の上から見えた山の上には雪がまだ残っていました。

ニュージーランドは日本と季節が逆なので、
この時期は日本の3月頃の気候。

また、北島にあるオークランドより南島にある
クライストチャーチのほうが寒く(南極に近いので)、
オークランドはコートまでは必要ありませんでしたが、
クライストチャーチでは、外に出る前にコートの準備。

外はやはり寒く、すぐにバスに乗り込みレストランに向かいました。

このレストランはワイナリーが経営しているそうで、
ステーキサンドイッチとワインを頂きました。

庭には、椿としゃくなげが同時に(!)咲いていました。




クライストチャーチの町には桜の木がたくさんあり、
満開を少し過ぎたところでしたが、
日本の姉妹都市倉敷市から贈られたものだそうです。


 ニュージーランドは人口が450万人。
そのほとんどが北島に住んでいるそうで、
南島にあるクライストチャーチは人口が30万人。
羊の方が多いと言われています。


 昼食後はバスに乗って市内観光。
最初はモナヴェイル庭園。昔は個人の邸宅で、
入り口に昔は門番の家だったとてもかわいい家があります。

以前は公開していたそうですが、大地震で屋根が壊れ今は閉鎖されています。

 園内は広く大きな木がたくさんありました。
また、川が流れていてその向こう側は高級住宅街だそうで、
こちら向きにお庭があるので素敵なお庭を見ることができました。


 

バスで移動しコンテナショップへ。

このショップは日本のTVでも紹介されていましたが、
多くの建物が崩壊したその跡地に荷物用のコンテナを置き
カラフルに塗って、
雑貨やカフェなどのお店に使っているもの。
おしゃれなお土産屋さんも何軒かあり、若い人たちがカフェでくつろいでいました。





また、バスで移動し紙の教会を見学。

この教会は2011年2月22日に発生した
マグニチュード6.3のカンタベリー地震で
クライストチャーチの中心部にあったゴシック様式の大聖堂が崩壊し、
それに代わるものとして日本人の建築家坂茂さんが
臨時の聖堂として無償で設計したもの。




この地震では、語学留学していた日本の若者が28人死亡しました。

この紙の教会の向かい側にフェンスで囲われた空き地がありましたが、
そこが語学学校の入っていたビルの跡地だということでした。

ニュージーランドは治安がよいので、
語学留学する若者が多く、飛行機の中でも
短期語学留学するという若い方2人と席が隣り合わせになりました。



  

ホテルはハグレー公園の側にある“シャトーオンザパークホテル”、
敷地の広い低層の建物でお庭には池もあり、素敵なホテルでした。

夕食まで時間があったので、
添乗員さんに教えてもらったスーパーマーケットまで、
皆でショッピングに行きましたが片道20分ほどかかり、よい運動になりました。


 クライストチャーチの町は平屋建てが多く、広々とした印象です。

途中の道に「SUSHI ROLL」の店がありました。

あと、ニュージーランドでは、自動車を生産していないので、
車は輸入車ですがほとんどが日本製でした。






道路もイギリスと同じ(日本と同じです)左側通行なので、
日本車は便利なようです。また、排気ガスを減らす対策ということで、

よほど通行量の多い道路以外は交差点が
ロータリーになっていて、信号がありません。
信号待ちが無いので排気ガスが少なくて済むという事らしいです。