“ニュージーランド子育て支援視察日記”<第3回>

【9月23日】

8:15バスでホテルを出発して、空港へ。
9:45の飛行機でオークランドへ。

オークランド11:05着。
クライストチャーチより暖かく、着いたときは暑いくらいでしたが、
夕方などは寒くなるとのことでした。

空港近くのホテルのレストランで昼食。
“FISH & CHIPPS”イギリスでは、
ビネガーが付くけれどニュージーランドはレモンとケチャップ。
大きな白身魚とたっぷりのフライドポテト。




“ BARNARDOS ROYAL OAK”


Dr.THOMAS BARNARDOSがイギリスで、
家が貧しくご飯を食べられない子どもを集めて育てた。
1970年にニュージーランドに来て、
母子のための家を作ったのが始まり。
全国に8か所あるそうです。

ファミリーサポートチームとフォスターファミリーチームがあり、
ファミリーサポートチームは運営資金の76%が国から、
24%が寄付などで賄われているそうです。
フォスターファミリーチームは100%国からの資金。

●ファミリーサポートチーム

ソーシャルワーカーが担当し。
0歳〜18歳までの子どもが家庭で虐待など受けないように
社会で生きていけるようにサポートします。

昨年は200人の子どもと600家族をサポートしたとのこと。
経済的、物質的なサポートを地域の人とともに行ったそうです。


エデュケーションというシステムがあります。
家庭で行うものと施設で行うものがあ
り、
エデュケーター1人で2歳以上2人と2歳以下2人の
計4人の子どもを見るのが基本です。


ホームエデュケーター(家庭で行う)は
教師の資格はいらないが、
オープンポリテク
ニック(通信教育)で
エデュケーターの教育が受けられます。

また、教師と連携を取りあっているとのことで、
2人以下の子どもかリスクのある子どもに向いているとのことでした。

施設で行うものは、
アーリーラーニングセンター(7:00〜17:30)。
保育園のような役割で、子どもを預かり教育をしますが、
ホームエデュケーションと同じプログラム。

子どもが暴力的になった時などに、
どう収めるかなどを10家族くらいがグループになり学ぶ
“ペアレンティングサポート”というシステムもあります。
また、子どもが暴力的になるには親にも原因があるので、
日本の養育支援のような家庭に入って
支援するシステムもあるとのことでした。


●フォスターファミリーチーム

里親紹介(ほとんどが虐待事例)と
その後のケアフルケア(里親と子ども両方をケアするもの)と、
シェアードケア(里親と子どもを別々にケアするもの)を
行うそうです。

里親啓発は、ラジオ・新聞・チラシなどで行い、
希望者はチェックを経てソーシャルワーカーの面接を受けるそうです。

7歳〜17歳の青少年5人くらいに、
スタッフ(ソーシャルワーカー)
2人で1件の家に住むBOY’S HOUSEというシステムもありますし、
電話相談もしているそうです。

視察後、バスで市内の植物園や高級住宅街、
海を見渡せる公園などを観光しホテルへ。
ホテルは港に近い“メルキュールホテルオークランド”。
近くにお土産やさんも多く便利なところなので、
荷物を置いてショッピングへ。










まずは、ニュージーランドの名産品のジェイド(翡翠)
のアクセサリーショップへ。 

マオリのお守りの「釣り針、シダ、斧、ツイスト」
などの形がほとんどで、色・大きさなどで値段も様々。
私は色が薄い緑で、黒い点々が入り、まるでキウィのような
「マナイア」という超自然的なパワーを持つとされる形の
小ぶりなペンダントを買いました。

夕食は、ホテルのレストランで。

前菜はサーモン3種(スモーク・タルタル・マヨネーズあえ?)。
メインは皮付き豚肉のグリルと魚のつみれ(?)生野菜添え。
私の豚肉は皮が比較的ぱりぱりに焼けていたので、
皮ごと食べられましたが、
何人かの人の豚肉の皮は固くてナイフも通らなかったようです。
デザートは上にメレンゲが乗り、
ジャムの入ったタルトでしたが、ジャムが甘〜くて、
す〜っぱい強烈な味で、一つ残しましたが、
皆さん同様に残していました。
ワインはおいしかったです。



☆ニュージーランド情報

保育園がない時代、働いている親の子どもたち(幼児)は、
小学校に通っていた。

一方富裕層では、メイドを雇って子どもの世話をさせていた。

その後、小学校が7歳からという決まりになったので、
面倒を見てもらえない、労働者の子どもたちを集めて、
富裕層の奥様達がその子どもたちの面倒をみるようになった。

その後女性が働くようになってから保育園が作られた。

高校生は車通学OK。
小学生はスケボーやキックボードで通学している。

4学期制で、私たちが行ったときは秋休みに入るころ。
帰りの飛行機では子ども連れの
ニュージーランドと日本人のご夫婦がいらっしゃいました。
奥様の里帰りということでした。