“ニュージーランド子育て支援視察日記”<第4回>

【9月24日】



9:20ホテルを出発。最初の視察先“プレイセンター協会”へ 





“PLAYCENTER ASSOCIATION”(PC)

PCとは、乳幼児を持つ地域の仲間が集まり、
@相互に支えながら子育てを行い、
A親のための学習会を通じて子育てや運営のスキルを身に付けながら親として
成長していく子育て当事者間の子育て支援活動を示している


PCでは、「親を教育者」と見なし、参加する親たちが、
子どもや施設運営の知識および技術を学んでいる。
ここでの活動方針は、
PCの理念である「家族が一緒に成長する」に基づき定められており、
親たちは、PCにおける子育ての互助活動を通じて、
自分に対する自信や仲間への信頼感を養っていた。


(日本およびニュージーランドにおけるプレイセンターの
ソーシャルキャピタル効果に関する事例研究_ 参加する親たちの精神性や
行動特性を手がかりにして_佐藤純子  より抜粋)


プレイセンター協会は、上記の論文中のプレイセンターの連盟で
、地域のプレイセンターをサポートしています。

日本人のスタッフくみさんからもお話を聞くことができました。
くみさんは、自分もプレイセンターで子育てしてきたが、
皆が助け合い大きな家族のようで、とてもよかったとのことでした。

●プレイセンターの基本

*大人(父・母・祖父母など)の付添いが必要で
(5歳くらいになると子どもだけの参加もOK)、
0歳〜6歳までの子どもが対象。

*週に2日〜4日オープンして、最低でも2日来ること。
働く親でも関われるように、大人が交代で来ることも可能。

*1回のセッションが2時間半くらい。

*親は教育を受け、プレイセンターの企画や運営をする。
親の話し合いの場もある。

*子どもの好きなものに着目して、それを発展させていく。
個々の遊びが集団遊びに発展することもある。

*コミュニティー全体に広がるような活動をし、
メンバーは困ったことがあった時など、お互いの家庭にも入り助け合う。

“TITIRAGI PLAYCENTER” 




オークランドには16のセンターがあり、
実際にその中の一つを見学させてもらいました。
家の中はコーナーごとにいろいろな遊具があり、子どもたちが選んで遊んでいます。







この日は晴れて暖かかったので、外遊びの子どものほうが多く。
年長の子どもたちは水遊びや、色水遊びなど。
小さい子どもは遊具に上って飛び降りる・・を繰り返していました。
親たちは子どもを見守り、危ないところは声をかけたり、
少し手を貸したりしていました。







45人の子どもが登録していて、9:45〜11:45の間開設。
1回に集まるのは、0歳〜6歳の子どもが25人ほど。
家はプレイセンター協会から借りたり市から借りたりするそうです。
ライセンスを持っている人が、センターに必ず一人います。

*4歳くらいになると、週に2日は子どもだけの参加がOK.

*子ども2人〜3人に大人が一人。

*コミュニティーの中のセンターであり、センターに通っている人はみな家族。

*子どもに話しかける言葉が大切・・という教育をしており、
オークランドでは子どもに話しかける言語を統一している。

*子ども一人一人に“ドキュメント”というファイルを作っている。

  

*国からは3年に1度チェックが入る。

広い家と庭に、雑然とおもちゃが広がり「お片づけは?」
と思わないでもありませんでしたが、
“子どもを遊ばせるのではなく、子どもが遊ぶ。”
ということでお母さんたちは見守って、
声掛けしている感じでした。

昼食は、ビュッフェスタイルのレストランで、
種類は多かったです。デザートはとても甘かったそうです。




“ROSKILLSOUTH  KINDERGARTEN”






子どもたちを自然の中で遊ばせることを目的にオープンし、
北欧のプログラムで運営していますが、毎日外遊びばかりでは、
国の方針と違って補助金が出ないので、
水曜日の1時間と金曜日の4時間のみ野外で遊び
(ブッシュ キンダーガーテン)、
ほかの日は普通の幼稚園として運営しているとのことでした。


・子どもには危険な体験も必要と思っている。

・すべての先生がすべての子どもを見ており、
毎日子どもが帰ってから子どもの様子を報告しあう。

・子どもたちで野菜作りをして、週に2日は子どもたち自身がサンドイッチ作り。
2日は先生と一緒にクッキング。1回はお弁当。




・子ども一人一人にファイル(ラーニングストーリー)があり、
家族と共有しDVDにも記録している。昔は採点方式だったが、
今は分析して子どもの傾向を知る。



・部屋の中は、いろいろな素材や方法で手作りができるコーナー、
着せ替えコーナー、サファリーコーナー
(ライオンとか動物のぬいぐるみが置いてあり、
周りをグリーンの布や植物で囲っている)
などに区切られ、子どもが思い思いの遊びを展開できるようにしている。














この幼稚園はセンスがよく、
飾り付けが工夫されていてとっても素敵でした。
私たちも参考にしたいと思いました。

建物の裏は子どもたちが外遊びをする小さい公園で、
遊具など何もなく木登りするには最適な大きな木があるくらい。
あとは斜面とちょっとした草地だけですが、
子どもたちは木登りしたり斜面を滑り降りたり、
楽しく遊べるだろうと思いました。





視察が終わるころには親たちがお迎えに来ていましたが、
インド人のような東洋系の人もいて、
オークランドが多国籍な人で成り立っているのが分かりました。






今回視察したどの施設も“テ・ファリキ”をベースに、
子どもの主体性を大切にしていることがよくわかりました。
このように育った子ども達は、
きっと将来社会に自分たちの力を還元していく大人になることと思います。

また、生まれた時から子どもが成長するまで、
支援する側の連携が取れており、

税金もかなり投入されているので、
合計特殊出生率が2.0に保たれているのだと思いました。

これで視察はすべて終わり、ホテルに帰りましたが、
夕食までに時間があったので、市内にお土産を探しに出かけました。

日本人や中国人のスタッフがいる、
大きなスーベニアショップに行きました。ジェイドのアクセサリー、
蜂蜜やロトルアという火山の泥を使った石鹸や化粧品を見ていると、
日本語を話せるスタッフが寄ってきて品物を勧めます。
もちろん中国人が来ると中国人スタッフが寄って行きます。
お土産を数点買って港の方まで歩き、ホテルに戻りました。

18:15ホテルのロビーに集合して、
歩いてハーバーサイドレストランへ。
このレストランも旅行会社にお願いして、
予約してもらった評価の高いシーフードレストラン。

店はフェリー乗り場のあるシックな建物の2階にあり、港に面しています。




人気店とあって、人が一杯。私たちは奥の個室に案内され、
細長いテーブルにチーム呑兵衛と呑めないチームに分かれて席に着きました。

まず魚介のチャウダー。
サーモンや白身魚やムール貝が入っていて
魚介の味が出ていておいしかったです。




この後、前菜。中くらいのエビが2種類で半分に割って軽くあぶってあるものと、
小ぶりのイカをさっとあぶっただけでレモンが添えてあるもの。
それと牡蠣のてんぷら
(“TENPURA”とメニューに書いてありました)。
これも新鮮で大変おいしいかった。




メインはクレイフィッシュという大きなエビ。
伊勢エビに似ているけれど大きな爪はない。
調理方法を選べたので、軽く焼いたのを注文。
付け合せは生野菜とフライドポテト。
チャウダーの時に、パンについてきたオリーブ油が残ったので、
パンのお替りはない?
と聞いたら「パンは1つだけ」とのことでしたが、
ここでこれだけポテトが出たので、納得。




デザートは「Vanilla Bean Curd」
という卵とコーンスターチにバニラを入れて作る、
ムースのようなもので、イチゴが添えてあり、
とてもおいしかった。



ワインは白を注文し・・2本目に飲んだ
“ピノグリ”という品種のワインは、のどを通るときに、
濃厚な味を感じる辛口のおいしいワインでした。

日本人もたくさん来店するのでしょう・・箸とおしぼりが出ました!

 
***

 ニュージーランドの視察を終えて一番うらやましいと感じたのは
「大人が子どもの力を信じている。」ということです。
日本は、大人が子どもの力を信じることができず、
口も手も出しすぎていると思います。

 私が育ったころは「子どもの集団」があり、
子ども社会を形成していました。
その頃大人は子どもの力を信じていました。

現代は、子どもの数も減り
「子どもの集団」それも大人が関与しない集団を作るのは非常に難しいと思います。
大人が見守りつつ、子どもの力を信じて余計な口出しをしない。
これができれば、今日本で起きている様々な子どもの問題は
半減するのではないかと思っています。